錦糸町の風俗は、お気に入りの娘ひとすじ

僕の会社の同期、R君は、一緒に入った転職組。

年齢は一つ下だけど、同じ転職組で、しかもまだ独身っていうことで何かといえばよく話をする間柄。

正直、社会人になってから友達を作るっていうのはなかなか無かったけれど、彼はその中で貴重な僕の友達だ。

その彼、ここ5年くらい、昼食は毎日同じものを食べている。

近所のパン屋で朝買ってくるらしんだけど、食べるのは、ピザトーストと豆アンパン。

どんなことがあってもそれだけなので、「飽きないのか」と聞くと、「いや、常に他のものを買おうとか思ってるんだけど、気が付けば買ってしまう」んだとか。

何度か実は冒険したらしいんだけど、そのたびに後悔して、今はこれがいいと言う。

そういうもんかな?

これってエッチも風俗もそうなんだろうか?

付き合って結婚してしばらくまでは、もう夜が来るのが楽しみで、いつでもエッチしたいって感じだったけど、別居時には全くそんな気が起こらなくなっていた僕。

食べ物もエッチも同じものを続けて・・・っていうのは辛い。

だから、風俗だっていろんな子としたいっていうわけだから。

でもね、最近、ちょっと気持ちがわかる感じになってきた。

それは錦糸町のデリヘルでオキニの子が出来てから・・・風俗もその娘ひとすじ。

たまにつまみ食いをしたくなるけど、錦糸町の風俗はレベルが高いから。

僕も歳を取ったのかな?(笑)